二つの運命原因

運命原因には大きく分けて二つあります。

一つは外部要因である生活環境の良し悪しです。
環境の良し悪しと言うと、山の手の高級住宅地と下町を比較するようなものを連想するかも知れませんが、そうではありません。時間と空間が織りなす自然の盛衰法則からすると、場所そのものにそうした固有の評価はありません。どのような場所でもそこに生活始めた時期の良し悪しで周囲との相生相剋が生まれ、運不運が生じてくるためです。そしてこの法則は全ての人に例外なく作用し、結果も明確に現象化してくるため、評価も納得もしやすい運命原因です。

もう一つは個々の内部要因です。
私たちは何かの選択や決断をする際、意識しなくても必ずその人なりのモノの見方や判断基準にしたがい取捨選択をしています。それは通常、価値観や先入観あるいは拘りなどと言っている類のものです。これらの心因は過去の経験や境遇により個人差が大きく、またそれを計る明確な基準もないことから評価や認識がしにくいものですが、外部要因とは違った関わり方で強く影響を及ぼします。

この二つに運は左右されるため、円満な開運には両者の改善と均衡が非常に重要です。しかし、内部要因の改善は、自らを客観的にみて常に自分の過不足を調整していくという息の長い対応が必要なため、その改善には相応の時間を要します。

そこで、まず吉凶基準が明確で改善対象もハッキリしている外部要因の見直しが開運への近道です。これは明確な法則に照らして生活環境を診断し、問題点を正すだけで対策は終了します。あとは普通に生活し、当たり前の努力を続けるだけで物事への出会いが変わり、自然に運気好転していくため、幸せをつかもうとする意欲さえあれば誰にでも開運が可能です。

次へ 「開運法」と「除け」

ページトップへ

目次
  • ホーム
  • 運の本質
  • 気学宗家 三代
  • 鑑定の流れ
  • 鑑定内容
  • 気学講習会
  • 会員制度
  • 出版物
  • お問い合わせ
  • アクセス